AT車でもエンジンブレーキは有効 エンブレって何って人は要注意!

スポンサーリンク




AT車でもエンジンブレーキは有効なのです。

エンジンブレーキ通称エンブレを知らない人は要注意です!

おっさんのらねこは今でこそあまり車の運転はしませんが、昔は車をよく運転していました。

マニュアル車が好きで、スポーツタイプの車に乗っていたので、そこそこ車には詳しかったのです。

もちろんエンブレも知っています。

もしあなたがエンブレを知らなかったら、覚えることでスムーズな運転と安全な運転を両立できることに繋がります。

 

エンブレって何?

エンジンブレーキ(エンブレ)とは一体なんでしょうか?

AT車にしか乗らない人が知らないことが、多いのではないでしょうか。

特に今はAT限定免許などがありますから、教習所でも教えることは少ないのかもしれませんね。

さて、エンブレですが、通常走行している時に故意にスピードを落とすため、低いギアに落とすことを言います。

これにより、エンジンの回転数は高くなりますが、抵抗が増えて緩いブレーキをかけた状態を同じ状態になり、スピードが落ちます。

つまり、通常ブレーキを踏まなければならない場面でも、ブレーキを踏まなくて済む可能性が増えるのです。

 

エンブレの効果とは

エンブレが何故良いのかですが、特に山道の下りで効果を発揮します。

山道の下りをエンブレなしで下ろうとするとブレーキを頻繁に踏むことになります。

これにより、ブレーキが熱せられブレーキオイルが沸騰するレベルにまで達することがあります。

こうなってしまうと、ブレーキが全くと言っていいほど効かなくなるのです。

実は私もこの状態を一度味わったことがあります。

それは車のブレーキが緩ーくかかった状態に故障してしまって、運転続けた結果車を運転している途中で、ブレーキペダルが奥に当たるまでになってしまったことがあります。

この時ほとんどブレーキが効かない状態になって怖い思いをしました。

山道の下り坂でブレーキを使いすぎると、こういった状態になることがあるのです。

 

エンブレってどうすればいいの?

車によっては、オーバードライブボタンを言ったものがあります。

このボタンがついている車では、緩ーいブレーキをかける代わりにオーバードライブボタンを押しましょう。

するとギアが下がってエンブレをかけることが出来ます。

オーバードライブボタンがない車の場合には、Dレンジから2レンジへ変えてみましょう。

するとギアが下がってエンブレをかけることが出来ます。

また最近では、Mレンジなどを搭載する車もありますので、Mレンジに入れたあと-へレバーを入れることでギアを下げてエンブレを使用することができます。

更にパドルシフト(ハンドル裏にパドルがある)車の場合には、-側のパドルを操作することで、ギアを下げてエンブレをかけることができます。

 

安全運転とどう関係あるの?

安全運転とどう関係があるのかというと、エンブレを有効に使うためには、ある程度の車間距離が必要です。

車間距離がないと、結局ブレーキを踏むことになってしまうんですね。

ですから、車間距離をとることで急な変化に対応しやすくなることで、安全運転に効果があります。

特に危険だと感じるのが首都高ですね。

高速で走行しているにもかかわらず、車間距離が狭い狭い。

あれだといつ事故が起きてもおかしくないです。

エンブレは高速道路でも有効です。

高速道路でブレーキランプが光ると一瞬凄く焦りませんか?

私は、高速道路ではブレーキを極力踏まないように配慮しています。

なぜなら、事故の元になるからです。

通常走行中にブレーキを踏をまなければならないような運転をしている場合は、車間距離がない危険な運転をしていることが多いです。

正直、高速道路でブレーキを踏むのを見ると

「あ~、残念な運転だな」

そう感じます。

上手い人は高速道路や一般道でもブレーキは極力使いません。

それだけスムーズにエンブレを使って運転をしているためですね。

 

事故を起こしてからでは遅い

事故を起こしてから悔いても遅いです。

ですから、余裕をもって運転できるよう、車間距離を保ってエンブレをつかい、スムーズに運転できる状態にしておきましょう。

危険なのはもちろんですが、運転が上手い人から見るとブレーキを使いすぎな車は

「下手な運転だな」

と思われていますよ。

事故は増えるし、下手な運転だと思われるし、ブレーキパッドも減るし、でいいことは全くありません。

ですから、余裕をもった運転を心掛けて安全運転をしましょう。

スポンサーリンク







▼SNSでシェアする▼

コメントを残す