REGZA Z8 液晶テレビの視聴中に画面が黒くなる現象の結末

スポンサーリンク




我が家のテレビの東芝REGZA Z8という液晶テレビが、視聴中に画面が黒くなる(バックライトが点灯しなくなる)現象が発生していた問題の結末を報告します。

ネットで情報をかき集め、なんとか原因ではないかと思われる箇所を特定し自力で直そうとしましたが、東芝のサポートに頼んでもあまり料金が変わらないということから、東芝のサポートを受けることにしました。

12/10日に東芝のサポートの方が来て、テレビを診ていきました。

さて、結果はいかに。

 

前回のおさらい

それでは、現象のおさらいからいきます。

我が家のテレビの現象は

・視聴中に突然画面が真っ暗になる
・真っ暗になった場合、電源コードの抜き差し(30秒放置)で一瞬ではあるが画面が映る
・真っ暗になった時は何も見えない

という状態でした。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

REGZA Z8 液晶テレビの視聴中に画面が黒くなる現象が発生

この現象結構出ているようで、ネットで検索すればすぐに見つかります。

 

東芝サポートの方現る

さて、12/10日の午後に東芝サポートの方がいらっしゃいました。

若い人が来ると思いきや、結構年配の方・・・。

いえ、別にいいんですけどね。

 

何やら箱を持ってきた模様です。

よ~く見ると、どうやら電源基盤らしい。

「あ~、やっぱりな~」

とも思いつつ挨拶もそこそこに作業を開始し始めました。

 

「えっ!もう作業するの?」

ちょっと驚きました。

 

いや、もっと現象とかいろいろ聞かないの?と思いましてね。

サポートに出すときに60文字以内で現象とか書いたけど、それで分かるんかいな?と。

まぁ、プロですから現象見れば分かるんでしょうけど。

 

しかし現象も見ずに作業を開始し始めました。

・・・普通一度位現象みませんかね・・・それとも見すぎて確認の必要ないとか?

釈然としない思いはありましたが、任せることにしました。

 

早速テレビを開ける

ついて早々にテレビを開け始めました。

電動工具も持っているので、さすがに手際が良い。

あっという間にカバーをあけてしまいました。

 

あー、私は手動で開けたから、結構時間かかったのにな~と、ちょっと思いながら電動工具いいなぁと。

 

そしてリモコンを貸してくれとのことだったのでリモコンを貸すと、何やら見たこともない画面が出てきました。

どうやら、エラーログとかを見れるものっぽいです。

こんな機能があるとはしりませんでした。

まぁ、見てもわからないですけど。

 

こういうところはちゃんと作られているんですね。

 

電源基盤を交換する

ざっと見たところで、またテレビ裏へ行く東芝サポートの人。

 

すると、電源基盤あたりのネジを外し始めました。

「やっぱり来たか!」そう思いました。

 

電源基盤が怪しいと思っていたので、ここまでは想定内です。

ちゃちゃっと電源基盤を交換しちゃいました。

 

「あー、これで治ってくれればいいなぁ」

そう思いました。

 

現象の説明をしてくれました

そして交換作業が終わったところで説明をしてくれました。

 

現象としてはいくつかのタイプがあるとのこと。

ネットで調べた通り

・T-CONの不具合によるもの
・電源基盤の不具合によるもの
・液晶ユニット基盤の不具合によるもの

とのことでした。

 

T-CON不具合の場合は、やはりバックライトは点灯するそうです。

ですので、うっすらと画面が見える状態らしいです。

なので、我が家のテレビの現象とは違うとの事。

 

意外だったのは、T-CON基盤単体での交換はできないとの事でした。

東芝サポートでは、液晶ユニットとセットでの交換となるようです。

海外でREGZA Z8対応のT-CON基盤売ってるのに、交換できないってどういうこと?

 

まぁ、この現象に当てはまる方は、海外サイトでT-CON基盤を買って、自分で交換することをお薦めします。

確か送料入れても8,000円位で済むはずですから。

 

次に電源基盤による不具合の場合です。

これは完全に我が家の現象と合致するところがあるようでした。

ですので、同じ現象に悩んでいる方は、東芝サポートに連絡して交換してもらうことをお薦めします。

 

次に液晶ユニット基盤の不具合による場合です。

この場合は完全に、液晶ユニットを交換しなければならないようです。

「液晶ユニット交換だけは避けたいな~」と思っていました。

 

テレビの裏蓋を閉じる

一通り説明を受けました。

その間も順調に視聴できているようでしたので一安心。

 

そして、東芝サポートの方が裏蓋を閉じ始めます。

「あ~、これで電源の抜き差し生活からおさらばだ」と思いました。

 

が!しかし

 

閉じている途中で何と画面が黒くなりました。

「え~、マジか!」

そう思いました。

 

東芝の方が冷静に、「液晶内部の基板の故障ですね」と。

ショックで正確に何といったのかは覚えてません・・・。

 

全部閉じ終わって、そこで「一応見積してみますか?」と言い見積りしてもらうと。

ネットで見た通り10万円越えでした。

 

「新しいテレビ買うより高いってどうなのよ」とか思いつつも、結構そういう製品って多いですよね。

 

もちろん液晶ユニット交換修理はキャンセルです。

新しく買った方が安いですからね。

 

結局液晶ユニット不具合だった

我が家と同じ現象の方はご注意ください。

液晶ユニット故障の可能性もあります。

 

一番最悪なシナリオになりました。

さて、どうしたものか。

借金生活である我が家には、新しいテレビを買うお金を出すのはちょっと厳しいです。

 

とはいえ、スマホで見続けるのもつらいです。

 

まぁ、とりあえず次回は東芝のテレビは買いません。

我が家に来た東芝サポートの人は、感じ良かったですけど。

 

メーカーがどこであれこういうことは起こるのかもしれませんが、一度こういうことがあると、信用を失いますよね。

厳しいようですが、1年で不具合が出るような東芝の製品はもう買うことはないでしょう。

 

そして、高い買い物には必ず保証を付けようと思いました。

 

あなたも高い買い物をするときには十分気を付けましょう。

スポンサーリンク







▼SNSでシェアする▼

コメントを残す