川谷絵音世間に喧嘩売る「病的なのは週刊誌でなく世間」

スポンサーリンク




こんにちは、おっさんのらねこです。

小室さん引退しましたね。

小室さんの件につきましては、色々なニュースサイトで取り上げているので、そちらをご覧いただきたいのです。

特に私から申し上げることはありません。

小室さんなりの責任は取ったわけですからね。

ですが、恐らく小室さんの引退を受けての事だと思いますが、川谷絵音氏がツイッターで「病的なのは週刊誌でもメディアでもない。まぎれも無い世間。」と投稿したとのことです。

これって、完全に世間に喧嘩売ってますよね。

なんか、自分のしたことを未だ正当化しようとしていていて、見ていて正直イライラします。

今回はこの件について、私の意見を書いていきたいと思います。

 

彼の中では世界は絵音を中心に回っているのか

自分の意思を持つのは悪いことじゃありません。

ありませんが、何かはき違えていませんかね。

あなたの意志・意見は世間とズレているのですよ。

それは日本独特のものではなく、世界的にも同じものです。

でなければ、不倫騒動で記者やパパラッチに追い回されるなんてことはありません。

まぁ、それが彼的には「病的なのは世間」だと言わしめているのでしょうが。

日本は法治国家です。

さらに、裁判員裁判では多数決になっています。

これは何を意味するのかわかりますか?

日本では、多くの人(世間)が法律を守らせたり常識を作っているんですよ。

絵音さん、あなたはそれを真っ向から否定しているわけですよ。

極端な例を言いましょうか。

殺人を犯したとき、あなたは「私が殺したかったから殺した」と言って、罪を逃れようとしているのと一緒なのですよ。

そんなことが許されるわけありませんよね。

でも、あなたはそれを許されるべきだと言っている。

恐ろしいことです。

それにあなた自身もあなたがおかしいことは実感しているわけですよね?

「友達も減ったし関わる人も減ったけど、音楽は何も変わらず僕のそばにいる。作った音楽はずっと残る」とツイートしたわけですから。

あなたの周りの人は、あなたが異常だとわかって離れていったのですよ。

その辺を理解しましょう。

私から言わせて頂ければ、「病的なのは週刊誌でもメディアでも世間でもない。まぎれもなく絵音。」と言わせて頂きます。

あなたは少し休んで、世間一般を学んだ方がいいですよ。

日本で世間一般では、不倫は許されない行為なんですよ。

もし、それがわからないようであれば、どうぞ不倫が許されるどっか別の国にいってくださいな。

あなたがいなくなっても誰もこまらないですから。

あ、そうそう、「誰かが不倫するたびに僕らの曲が流れる」とぼやいていたそうですが、それはそうでしょう。

今や、絵音=不倫=ゲスの極み乙女というイメージを付けたのは、まぎれもなくあなたですから。

ぼやくくらいなら、反省して改める姿勢を見せたらどうです?

まぁ恐らく、この人に何を言っても駄目だから、周りの人が去っていったのでしょうが。

っていうかベッキーさん、こんな人のどこがよかったの?

私には、この人の良いところが全くもって理解できません。

スポンサーリンク







▼SNSでシェアする▼

コメントを残す