中村達也氏書類送検 ライブ客を蹴った疑い

スポンサーリンク




こんにちは、おっさんのらねこです。

ドラマーで俳優の中村達也氏(53)を傷害容疑で書類送検したとのことです。

同氏は容疑を認めているとのこと。

中村達也氏は、2000年に解散したロックバンド「ブランキー・ジェット・シティー」でドラムを担当しており、また、NKH大河ドラマ「龍馬伝」などにも出演し、2018年1月13日に公開された映画「悪と仮面のルール」にも出演している俳優でもあります。

ライブ中にお客さんを蹴ったのかと思いましたが、どうやら違うようです。

 

仲間に失言し腹が立った

捜査関係者によると、書類送検の容疑は2017年11月下旬、東京都世田谷区代沢5丁目の路上で40代の男性の足などを数回蹴り、打撲などのけがを負わせたというものということです。

中村氏はこの日、ライブの打ち上げで現場近くの飲食店を訪れて、ライブの客だった男性と偶然遭遇し、「男性が仲間に失言し、腹が立った」などと説明しているとのこと。

どうやらライブ中にお客さんを蹴ったわけではなく、その後の打ち上げの席でのお客さんの失言で蹴った模様です。

気持はわかりますけどね。

暴力はいけませんよ、暴力は。

しかしどんな失言をしたのでしょうね。

ここ気になります。

でも内容まではわかりません。

 

暴力は良くない

私は、中村氏の素性はあまりよく知りませんが、TVで観る限り好きな方です。

ネット上では、擁護する声もありますが、暴力は良くありません。

現場の状況はわかりませんが、きっかけをつくったのは被害者の男性なのでしょう。

しかし、それに対し暴力で返すというのはいかがなものでしょう。

仲間想いなのは良いことです。

でも、それも行き過ぎてしまうと迷惑にもなりかねませんよ。

何がどうあっても、暴力はいけません。

 

言葉の暴力っていうのもあるのも事実

何度も書きますが、暴力はいけません。

いけませんが、私たちのように情報を発信する側も、言葉の暴力に気を付けなければいけません。

ネット上では、話を面白おかしくしたものが拡散されがちです。

いえ、ネット上だけではありませんね。

週刊誌などもそうです。

話を大げさにしたり、面白おかしくしたものがSNSなどを通し広がっていく。

そこに、当事者達の真実の言葉があっても、尾ひれをつけた方がより拡散されていってしまいます。

そしていわれもないイメージなどを植え付けられて、社会的地位が傷つけられてしまうこともあります。

これは、言葉による暴力とは言えないでしょうか。

いろんな情報が飛び交う中、真実の情報を手に入れるのは難しいかもしれませんが。

しかし、一人間の人生を狂わせてしまうようなことは、絶対にしてはなりません。

ですから、尾ひれをつけたような情報に振り回されないようにし、SNSなどで軽はずみな情報発信はしないように心掛けたいですね。

スポンサーリンク







▼SNSでシェアする▼

コメントを残す