新潟県知事米山隆一 女性問題で辞職 やましいことがないのに辞職っておかしくない?

スポンサーリンク




新潟県知事である、米山隆一(50)さんが女性問題で辞職の意向を固めました。

そしてこれを受け17日に記者会見をおこなっています。

どうもこの内容が釈然としないのは、おっさんのらねこだけでしょうか。

内容を聞けば聞くほど、女性問題を理由に辞職をする必要性が全くないのに辞職をしているのです。

問題が大きくなる前に、辞職したという形にならなければ良いのですが・・・。

 

相手の女性とは自由恋愛なのか

米山さんが平成28年10月に知事に就任する前から、就任後にかけて複数の女性と関係があったが、重複していた期間はなく、いずれも独身だとしています。

さらに、相手の女性とは自由恋愛なのか金銭の関係なのかを聞かれて

「詳しくは次の会見で申し上げたいと思うが、少なくとも僕は好きでしたよ」

「相手も思ってくれてたと思う」

として自由恋愛であることを強調しています。

おっさんのらねことしては、であるならば、何も問題はないのではないかと考えるわけです。

なのに何故辞職なのでしょうか?

やましいことがないのに辞職するのはおかしくはないですか?

結婚しているなら当然ダメですが、結婚していないわけでしょう。

恋愛自体は自由であるわけで、そこに突っ込む県民は多くはないと考えます。

辞職する理由がよくわかりませんね。

 

違法ととられる余地もあるとは?

この問題で一番の焦点となりそうなのが、女性が未成年であるという指摘があることです。

未成年であれば、場合によっては違法ということになりますよね。

この点について聞かれた米山さんは

「僕としてはそう(違法)じゃないという気持ちでやってた。でも、そうじゃないととる余地もあると思う」

「違法性の定義ということではないか。少なくとも本件で警察が・・・という話ではない」

という見解を示して未成年かの問いに

「ないです。成人です」

と断言しました。

話かみ合わなくないですか?

違法じゃない気持ちでやってたと言っていることと、成人ですと言っていることがかみ合ってないです。

相手が成人で恋愛であるならば何も問題ありません。

「そうととる余地もある」とはどういうことなのでしょうか。

疑問ですね。

 

続報が待たれるところ

実際の所、どうなのかは定かではありません。

報道の続報が待たれる所です。

ですが、おっさんのらねこ的には限りなく黒いグレーと感じています。

本当に自由恋愛であるならば、辞職する理由が全くありませんからね。

胸を張って知事を続けて良いと思うのです。

それをしないのは、なにかしらやましい点があるからではないのでしょうか。

スポンサーリンク







▼SNSでシェアする▼

コメントを残す