ポルシェでバイクをあおり運転幅寄せ バイクの男性全治8週間のけが 容疑者は元医師

スポンサーリンク




ポルシェでバイクをあおり幅寄せをして、バイクの男性に全治8週間のけがをさせたとして、23日朝、危険運転致傷などの疑いで25歳の元医師が逮捕・送検されました。

あおり運転などの危険運転がとり立たされる中、またこういった事件がおきましたね。

頭に血が上って、制御できなくのるのでしょうか?

今回もどうやら、運転について注意されたことが原因のようです。

詳しく解説していきます。

 

容疑者は元医師

23日朝、危険運転致傷などの疑いで逮捕・送検された杉本容疑者は、先月の末まで伊勢原共同病院に医師として勤務していたようです。

元医師ということで、高級外車であるポルシェを乗っていたわけですね。

車や職業は立派でも、こういった事故を起こすのは人としてどうかと思いますよ?

 

あおりり運転になったきっかけ

神奈川県伊勢原市の交差点で、バイクの男性が交差点で左折しようとしたときに、杉本容疑者の車がいきなり前に割り込んできたのがきっかけのようです。

この運転に危険を感じたバイクの男性は、杉本容疑者の車を追いかけ、車が止まった際に口頭で注意をしたとのこと。

すると、杉本容疑者はバイクを追いかけ始めたといいます。

逆上してしまったのですね。

きっかけとなった交差点から約1.5キロ離れた場所までバイクを追いかけたとのことです。

どうやらこの際に、あおり運転と幅寄せを行ったもようです。

実際にこの現場は、路側帯を除くと4.9メートルの幅しかない狭い道路とのことです。

杉本容疑者はバイクと並走した後、左に幅寄せをし自らの車をバイクにぶつけるといった行為に出ます。

バイクはそのまま道路外へ押し出される格好になって、田んぼに落下。

この際にバイクの男性はくいにぶつかりけがをした。

この際、杉本容疑者はそのまま逃走した疑いがもたれているとのことです。

事実であれば、かなり悪質ですね。

 

杉本容疑者は容疑を否認

杉本容疑者は、あおり運転dバイクの運転手に大けがをさせたなどとして逮捕されたわけですが、「車間距離を誤っただけです」「事故後、車の傷に気づいて現場に戻ったのでひき逃げではない」と容疑を否認しているといいます。

いやあ、車に物がぶつかった時って、結構な音しますよ?

事故後に車の傷に気づいたって言い訳はどうかと思いますけどね。

 

あおり運転に対する取り締まりは?

あおり運転に対する取り締まりはどうなっているのでしょうか。

確かに隅々まで見ることはできないでしょうが、何かしら対策をしてもらいたいものですね。

静岡県警は、上空から監視して違反が疑われる車両に対し、地上のパトカーが指導を行うといった取り締まりを2回実施したそうです。

結果は3摘発。

ヘリを使うとかなりのコストになりそうですね。

監視カメラなどでどうにかならないものでしょうか。

それでも、監視員が必要になりますね・・・。

あおり運転を事前に防ぐ手立てはないものでしょうか。

 

栃木県で1月に割り込みを注意されて、栃木県の男が逮捕された事件もありましたね。

車の割り込みを注意され殴る 栃木県会社員の男逮捕

スポンサーリンク







▼SNSでシェアする▼

コメントを残す