静岡掛川市長 大相撲春巡業のあいさつで「倒れても男性の医者がいる」・・・バカなの?

スポンサーリンク




こんにちは、おっさんのらねこです。

静岡県掛川市の松井三郎市長が9日、大相撲春巡業の挨拶でとんでもないことを発言しました。

・・・もう正直バカなのかと・・・

あれほど話題になったのに、性懲りもなく女性差別的な発言をするのは、もう頭がいっちゃってるんじゃないんですかね。

今回はこの話題について、触れてみたいと思います。

 

ことの発端は4日の京都府舞鶴市

ことの発端は4日の京都府舞鶴市での大相撲春巡業のこと。

市長が倒れた際に、救命救急をした看護師の女性に土俵から降りるよう場内アナウンスが流された。

これを受け、「人命救助をしているのになぜ?」という批判が殺到。

相撲の土俵は古くから「女人禁制」とされていますが、緊急事態は別物だというのが世間一般の考えです。

このことを知らなかった人もいるようですが、まぁ普通の神経からして緊急事態は別物でしょう。

この事態に、相撲協会は火消しに走りアナウンスは不適切だったと認めた。

どうにも相撲協会は、世間一般とかけ離れた常識というか慣習がありますね。

相撲協会の謝罪でことが収まるかと思われましたが・・・。

 

6日の兵庫県宝塚市の市長挨拶では

兵庫県宝塚市の中川智子市長は女性ということで、土俵には立たせてもらえませんでした。

便宜上は、昨年と同じ男女関係なく土俵下ということになっていますが、舞鶴市では土俵上なのに宝塚市は土俵下とはどういうことなのでしょうか?

ここがどうにも納得がいかないところで、女性だから土俵下にしているのではないかという疑念があります。

伝統はわかりますが、今そんなことを言っている時代なんですかね?

 

9日の静岡県掛川市の市長の発言

そしてそんな中、静岡県掛川市の大相撲春巡業挨拶で松井三郎市長が

「(土俵に)立たせていただいて大変感激している。こけないように、倒れないように。万が一の時も男性のお医者さんが近くにいます」

と発言。

はぁ・・・ほんと・・・バカですか?・・・

この市長大丈夫ですか?

これだけの騒ぎになっているのに、こんなことが言えるなんて普通の神経じゃありませんよ?

この市長にもあきれますが、静岡県掛川市でも土俵上での挨拶なんですね!

おかしくないですか?

どうして宝塚市だけ土俵下なのでしょう。

やっぱりこれは、女性だからという理由しかないですよね。

 

相撲協会は女人禁制など撤廃すべき

まぁ、相撲ファンの中には伝統を重んじる人もいるでしょう。

だから、緊急時でもない限り女性は土俵に上がるなという意見もあるのでしょう。

しかし、今の時代そんなことを言っていては、人気はとれませんよ?

ただでさえ、最近相撲の印象悪いのに・・・。

お客さんありきの商売なのですから、相撲協会はその辺のことをちゃんと考えましょう。

女性のファンだって沢山いるはずでしょう。

こういったことが積み重なるとファンを逃がしますよ?

よーーーく考えてください。

これからのスポーツのあり方を。

スポンサーリンク







▼SNSでシェアする▼

コメントを残す