【厳罰化】まだやってるの?携帯・スマホのながら運転

スポンサーリンク




こんにちは、おっさんのらねこです。

どうやらスマホのながら運転が厳罰化されそうですね。

電話を多く使う営業の人とかは困るでしょうが、厳罰化ともなればながら運転する人も減るでしょう。

というか、会社で運転中はスマホや携帯電話での通話は禁止としていないのでしょうか。

たまに携帯やスマホで電話している人を見ますが、危ないなと思ってました。

この改正案は良いですね。

 

道路交通法改正案でながらスマホ罰則強化

携帯電話などを注視・操作しながら車を運転する危険行為に対し、道路交通法で罰則を強化する方針のようです。

この改正法案は、高齢者による事故割合が増加している現状を踏まえて、「安全運転相談」に関する規定も新設されるとのことです。

つまり、ついでってことですかね・・・。

まぁ、この際ついででもいいですけど。

早ければ、1月22日召集の通常国会に改正法案が提出される見込みのようです。

是非、法案を通してもらいたいですね。

高齢者の事故減少といった課題もそうですが、ながらスマホはとても危険な行為です。

運転中にちょっと目を離すと、前の車に追突しそうになったりすることがあります。

私も何度かこの経験があり、とても怖い思いをしました。

この時は、スマホや携帯を見ていたわけではありませんが、ちょっと目を離しただけです。

それでも、とても怖い思いをしているわけですから、スマホ注視なんかしたらとんでもないことになりますよね。

 

取り締まりは年100万件もある

現状、携帯電話などを操作して交通の危険を生じさせた罰則について、「3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金」になっています。

これを、「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」に引き上げる案とのことです。

更に、軽微な交通を犯した際に、反則金を納付すれば刑事訴追されない交通反則通告制度の対象から除外されるとのことです。

つまり違反すると、「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」に加え、起訴される可能性があるということですね。

また、直接交通の危険を生じない場合でも、「5万円以下の罰金」から「6ヵ月以下の懲役または10万円以下の罰金」に厳罰化されるという。

つまり、事故を起こさなくても「6ヵ月以下の懲役または10万円以下の罰金」となるわけですね。

非常にいい法案だと思います。

日常的に携帯やスマホを運転中に使用している方は、あまりいないかもしれませんが、非常に気危険です。

特にスマホが普及して、メールやLINEやゲームなどで画面に目をやりつつ運転することで起こる事故が増加しているとのこと。

また、運転中の携帯電話使用の取り締まり件数は、約100万件規模で推移しているそうです。

 

罰則強化は仕方なしか

これだけ取り締まり件数があるわけですから、取り締まり強化は仕方ないところでしょうか。

電車の運転手や車掌による、運転中のスマホの利用も問題になりました。

車に限らず、運転中の携帯電話などの使用は厳禁ですね。

何かスマホに細工できないものでしょうか。

ちょっと難しいかな・・・。

まぁ、ともあれ、罰則強化で「ながらスマホ」をする人が減れば良いことですよね。

あ、あと「歩きスマホ」もどうにかならないでしょうか。

これも結構危ないですよ。

事故が増加すれば、そのうち法案ができるかもしれませんね。

そんなことにならないように、節度ある使い方をしたいものです。

スポンサーリンク







▼SNSでシェアする▼

コメントを残す