トイレのつまりで水道救急センターを利用してみた

スポンサーリンク




いやぁ、参りました。

今年はよく物が壊れる年です。

液晶TVの次はトイレが詰まりました。

なんでこんな時に限って物が壊れるのでしょうか。

まぁ、それはさておき、トイレが詰まったので水道救急センターへ修理を頼んたことを記事にします。

 

夜中の出来事

ある夜中の出来事です。

トイレに入って水を流すと、なんか流れが悪くなっていました。

それでもすーっと、水位が下がっていっていたので、それ程のつまりでもないなと思ってたんですね。

ですが、使用しているうちに段々と水位の減りが鈍くなってきて、仕舞いには水位が殆ど減らない状態に。

さすがに焦りました。

でも、以前にもこういったことがあったので、ラバーカップ(いわゆるスッポン)を買ってきて使用すれば直ると考えていたんですね。

なので、その日の午前中にラバーカップを購入しました。

実際ラバーカップでやってみると・・・抜けていかない!

何度も何度もやってみましたが、抜けていかないんです。

以前同じようなことになった時には、2、3回で抜けたんですよ。

まぁ、その時とは住んでいるところが違いますが。

その後粘ってみましたが、やっぱり抜けていかない。

これは素人では無理と判断し、プロに頼むことにしました。

 

水道業者の選択に迷う

とりあえず、Webで検索してみるといくつかの業者が出てきましたが、なにやら不穏な記事がちらほらと・・・。

どうも、ぼったくり業者がいるようです。

「これは慎重に選ばねば」

と思ったのですが、トイレが使えないと非常に困ります。

まぁ、共同トイレがあるマンションなので、最悪共同トイレですれば良いんですがね。

何日も通うのは嫌です。

急いで口コミを探しますが、大手のク〇シアンでもぼったくりにあったとか・・・。

「えーーー、それじゃ、どうすればいいのさ!」

と心のなかで思いつつ、口コミを見ていきます。

すると、書き込みのなかでひときわ良い評判の業者がありました。

あまりに良い評価で

「本当に大丈夫なのか?」

と逆に心配になりましたが、このままずっと迷っているわけにもいきません。

ということで決心!

ある業者に決めました。

それが「水道救急センター」です。

 

電話してみた

口コミを信用して電話してみることに。

すると、対応したお姉さん?がとても良い感じの人で、すんなりと修理の依頼をすることができました。

ただし、混んでいたのか来れるのは夕方6時以降とのこと。

拒否する理由は全くないので、承諾して待つことに。

ちなみにWebからと言うと、3,000円OFFになりますよ。

 

修理にやってきた

前の仕事が少し早めに終わったとかで、ちょっと早めにきてもらえることに。

こちらとしては、早く直してもらいたいので願ったりかなったりです。

修理の人が到着すると、まず値段の説明から。

薬剤を投入して流れれば、8,000円だったかな、で済むとのこと。

ただし、それでも流れない場合は、高圧での作業となるとのことで、これが20,000円。

「ひえー!、高いなぁ」

と思いつつも仕方がありません。

ちなみにラバーカップで作業したことを伝えると

「これで抜けますよ」

とのこと。

「これで抜けなかったら、ちょっと厳しいかもしれませんね」

と言われた。

「マジか!」

とにかく、作業に入ってもらいます。

なにやら薬品を入れて5分程待ちます。

「これで抜けてくれ~」

と思いながら待ちます。

しかし、祈りもむなしく抜けませんでした・・・。

「これで抜けないなら、高圧作業ですね」

とのこと。

仕方ないので

「お願いします」

と言い作業をお願いすることに。

なにやら、手動で

「スッポン!スッポン!」

とやり始めました。

「えっ!手動なの?」

高圧作業というから、機械を入れることを想像していただけに以外でした。

その後修理の人はひたすら

「スッポン!スッポン!」

しつづけます。

「あー、がっ、がんばれ!」

と心の中で応援します。

すると、水を流す音がしてきました。

「おっ、抜けたのかな?」

その後もしばらく修理の人は

「スッポン!スッポン!」

し続けていましたが、15~20分くらいたった頃でしょうか、説明に呼ばれました。

便器を見てみると、きれいに流れていました。

「おぉ、さすがプロ」

と思いつつ、説明に耳を傾けます。

「紙がいっぱい出てきたので、恐らく紙が詰まっていた可能性が高いですね」

とのこと。

「ん~、そんなに紙使った覚えはないんだけどなぁ・・・」

と思いつつも

「あ、そうなんですね」

と返しました。

修理の人曰く

「節水トイレなので、紙を使ったら大で流した方が良いかもしれませんね。」

とのこと。

「え!聞いてないし・・・それに大で流したら節水の意味ないじゃん」

という突っ込みはせずに

「あ、そうなんですね」

と返しました。

「今回流れましたが、次に詰まるようなことがあれば、便器を外してみた方が良いですね。」

といわれてしまいました。

ちなみにその作業は、4~6万円くらいだった気がします。

「さすがにそれはイヤ」

なので、紙を使った時は大で流すように徹底することにしました。

 

さて、お楽しみのお値段は?

さて、あなたが楽しみにしていたお値段ですがズバリ

18,360円也・・・チーン。

えっと、詳細ですが

高圧作業で20,0000円。

Webからの申し込みで3,000円引き。

17,000円の消費税で、18,360円です。

「高いよ」

でも仕方がありません。

払いましたよ・・・クレジットカードですけどね。

 

実際どうなの?ぼったくり?

実際のところぼったくりとは考えてはいません。

ただ高いなーと。

どこを呼んでも、これくらいは取られたでしょう。

それに

「スッポン!スッポン!」

一生懸命やってくれていたのでね。

値段は高いけど、評価としては良いですね。

電話対応も凄く良かったですし、修理の人も丁寧に説明してくれましたし、一生懸命作業してくれましたしね。

 

まとめ

修理の人によるのかもしれませんが、私としては水道救急センターさんはおすすめですね。

仕事も丁寧ですし、一生懸命にやってくれましたので。

妙な請求もされませんでしたしね。

トイレが詰まってお困りの際には、参考にしてみて頂ければと思います。

あっ、できれば業者を呼ぶ前に、自分でラバーカップでやることをおすすめしますよ。

業者を呼ぶと高いですからね。

スポンサーリンク







▼SNSでシェアする▼

コメントを残す