うつ病で腰痛になった話

スポンサーリンク




うつ病と腰痛。

一見関係ないように感じるかもしれませんが、実は関係あるのです。

特に重い物を持ったわけではないのに、腰痛になったりしていませんか?

それは、うつ病が原因かもしれませんよ。

これは、私が実際に体験したうつ病からくる腰痛の話です。

 

それは突然発症した

とある企業で働いていた時の話なのですが、突然腰痛が発生したのです。

最初は、何か腰に違和感を感じる程度でした。

私はコリというのをあまり感じない体質なのですが、その時は「あ~、これがコリなのかな」というような感覚でしかありませんでした。

しかし、そのコリは日に日に酷くなっていくのです。

記憶を辿ってみても、なにも重たいものを持った記憶もないし、腰に負担がかかる作業をしたわけでもありません。

何が原因なのか、さっぱりわからない状態でした。

この時私は、うつ病から回復して会社で働いており、抗うつ薬等は何も飲んでいませんでした。

 

腰痛に対する普通の対処をしてみる

仕方なく市販のシップを貼ってみます。

しかし、全然良くなりません。

症状としては、激痛とまではいかず、かといって気にしないでいることはできないような痛みでした。

「なんで全く良くならないんだ」とそう感じていました。

症状がそんな感じなので、病院に行くのもためらわれます。

それ程酷くもないし、シップを貼っていれば治るだろうとそう思っていたんです。

 

コルセットを購入してみる

これでは、仕事に差し支えると感じた私は、コルセットの購入を検討し始めます。

「コルセットで固定すれば、多少はマシになるだろう」そう思ったのです。

Amazonのプライム会員でもあったこともあり、とにかく早く購入したかったので、Amazonでコルセットをお急ぎ便で購入しました。

商品はすぐに届き、実際にコルセットを装着してみます。

でも、あまりよくなった気がしません。

多少楽になった気がする程度です。

仕方がないので、コルセットを付け会社へ出勤してみます。

でも、殆ど効果はなく、結局痛いままでした。

「いったい何が原因なんだ?」と不思議で仕方ありません。

こんなことは初めてです。

筋肉痛のようなその痛みは、普通の対処では全然良くならないのです。

 

腰痛が原因で会社を休むようになる

原因が特定できないまま、会社に出勤していましたが、とうとう耐え切れず休むことが多くなってきました。

何をしても治らない腰痛に、困り果てていましたが、一つだけ気になることがありました。

それは、同じ会社の人が腰痛で休んだことがあるということです。

その時私はうつ病から回復して、産業医と毎月話をしながら就業していたのです。

そして、腰痛で休んだことある人は、私と同じように産業医と毎月話しながら就業していました。

何となくですが、精神的なところではないかというような雰囲気があったのです。

なので、「これは私もそうなのか?」と思い始めました。

 

 普通の病院へ行ってみる

会社を休むようになってしまったので、普通の病院へいってみました。

しかし、原因は良くわからずシップを出されます。

まぁ、普通の対応ですね。

病院から処方されたシップを貼り続けるも、全然良くなりません。

これはいよいよもって、精神的なところが原因の可能性が高まりました。

この時点でネット等で調べて、精神的なところが原因で腰痛になることもあることはわかっていました。

しかし、認めたくはなかったのです。

また、うつ病が再発したことを。

 

最後の頼みで精神科へ行ってみる

最後の頼みで精神科へいってみました。

すると、やはり精神的な事が原因で腰痛になることがあると言われました。

処方された薬は、はっきりとは覚えていませんが、以前飲んでいたものと同じ薬だった気がします。

そして薬を飲んだ結果、なんと翌日にはなんの痛みもありません。

そうです、またうつ病が再発してしまっていたのです。

腰痛は治ったものの、またうつ病再発。

複雑な気分でした。

 

まとめ

原因不明の腰痛に悩まされてはいませんか?

シップを貼っても良くならない腰痛に悩まされてはいませんか?

それは、精神的なものが原因かもしれませんよ。

原因不明の腰痛に悩まされているようであれば、一度精神科へかかってみるのも手です。

以前にうつ病になった時のように、強く憂鬱になったわけではありません。

会社に行くことへの多少の憂鬱感はありましたが、行けなくなるほどの感覚ではありませんでした。

にもかかわらず症状が発症したのです。

ですから、あなたも気づかないうちにストレスが溜まって症状が出ているのかもしれませんよ。

もし、同じような悩みを抱えている方は、精神科へ受診してみてください。

良くなるかもしれませんよ。

スポンサーリンク







▼SNSでシェアする▼

コメントを残す